傷ついた人の味方|心理カウンセラーには資格が必要

鍼師と灸師

お灸

治療できる資格

日本で人間を治療できる資格としては、医師のほか柔道整復師と鍼師と灸師があります。このうち鍼師と灸師は、鍼灸師養成施設で単位を取得し卒業することで国家試験を受けることが可能です。以前の鍼師も灸師も視覚障害者の業種でしたが、現在では晴眼者が資格取得の半数を占めています。基本的に鍼灸は東洋医学に基いて行われるものであるため、顔色や臭い、話し方や下の色や形、脈の形やはやさ、お腹の張り具合といった体調を見ながら適したツボを刺激することで治療をおこなってきます。鍼の場合には極細の鍼をツボのある場所に打ち込むもので、灸の場合にはもぐさをツボにのせ、火を点けて熱による刺激によってツボを刺激するというものになります。

取得するためには

一般的には鍼灸師と呼ばれますが、実際の資格としては鍼師と灸師に国家資格が分かれています。基本的にはツボを刺激する方法の違いといったことであり、両方の国家試験を受け両方の資格を有しているものも多く、それらの場合には鍼灸師と呼ばれます。鍼灸師になるためには受験資格として、大学や短大、専門学校での鍼師と鍼灸師の養成課程を減る必要があります。修業期間は3年から4年程度で、それらを修了し卒業することで国家試験への受験資格を獲得することができます。鍼師と灸師を同時に取得を目指す場合には養成課程のうち共通する科目は免除される規定があり、このことから両方の資格を目指す人が多くいます。資格取得後は多くの人は鍼灸院に就職したり独立開業するといった人もいますが、ツボに関する専門的な知識を有していることから、その知識を活かしてさまざまな医療分野で働く人も多くいます。