傷ついた人の味方|心理カウンセラーには資格が必要

対策準備を怠らず

ナース

看護学校の入試においては、特に面接が重視されます。そして、看護学校では身体面だけでなく、心理面にも寄り添える看護師の育成を目指していますので、必ず問われる志望動機を含めて、受験生の人柄を聞き出す質問が多い傾向にあります。そのため、面接に関しては入念に、かつ素直に答えられるような対策を行いましょう。

読んでみよう

鍼師と灸師

お灸

鍼灸師とは、鍼師と灸師の両方の国家資格を有している人のことです。いずれも東洋医学に基いて、身体のツボを刺激することで身体の状態を改善するものです。鍼灸師になるためには大学や短大のほか専門学校でも学ぶことができます。

読んでみよう

将来のための選択をしよう

男性と女性

専門学校に進学するなら医療分野をオススメします。医療分野は人材が不足しているので、他の分野より就職しやすいからです。ただ、専門学校選びはしっかり行う必要があります。実習の時間が多く取られていて、偏差値が高めのレベルの高い学校を選ぶべきです。将来のためになる選択をしてください。

読んでみよう

メンタルのカウンセラー

勉強するレディ

何かとストレスを抱えやすい世の中とあって、心理カウンセラーの需要が高まっています。特に職場では、メンタルヘルスに関しての検査も必要とあって、心理カウンセラーを目指す人も増えています。実際にはそのための資格が存在するわけではありませんが、様々な資格を取得することによって働くことができます。活躍の場としては学校などの教育機関や研究機関、病院や民間の企業などが挙げられます。取得できる資格としてはメンタルケアカウンセラーや臨床心理士、認定心理士など多くあります。中には簡単に取得できるものもありますが、職業として成り立たせるためには大学での勉強も必要となります。需要が多いことから資格取得を目指す人は増えています。

心理カウンセラーは実は、名乗ることで誰でも始めることは可能です。そして取得できる資格も、わずか数日間の講習を受けるだけで取れるものもあります。けれども実際に活躍できる人は、ほんのひと握りであるのが実情です。多くは本業とするには十分な収入は得られていないわけです。本格的に技術を習得するためには、認定心理士などを目指す必要があります。あるいは産業心理士などを目指す場合でも、最低1年間はみっちりと勉強と実践経験を積むことが必要になります。もちろん、その間は収入はありませんので、それなりの蓄えは必要です。心理カウンセラーを本格的に目指すのであれば、それなりの負担と労力、そして何よりも習得するための強い意志が必要となります。